Junior Bonner (1972) / ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦

『ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦』(Junior Bonner)は、サム・ペキンパー監督、スティーブ・マックイーン、ジョー・ドン・ベイカー、ロバート・プレストン、アイダ・ルピノ出演の1972年のアメリカ合衆国の映画である。ロデオ大会に出場するため故郷のアリゾナ州プレスコットに戻り、疎遠だった家族と再開する男が描かれる、批評家のあいだではペキンパーのフィルモグラフィの中で最も穏やかな作品であると言われている。

 ・ amazon : Junior Bonner (1972) / ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦

Junior Bonner (1972) / ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦のあらすじ

アリゾナ州、プレストン。1972年ロデオのチャンピオン、ジュニア・ボナー(スティーブ・マックィーン)は、かつて西部でならしたロデオの名チャンピオンで、若い頃ニューヨーク・マディスン・スクェア・ガーデンのロデオ大会に出場したこともあるエース・ボナー(ロバート・プレストン)の次男で、ロデオ競技会を求めて転々とする西部の渡り鳥である。プレストンでは、今年も7月4日に84年の歴史を持つフロンティア・デイ記念ロデオ大会が行なわれようとしていた。ジュニア・ボナーは、このロデオ大会に出場するためにエースや母エルビラ(アイダ・ルピノ)、兄カーリー(ジョー・ドン・ベイカー)の住む故郷の町プレストンに帰ってきた。彼がこの大会で戦いたいと思っているのは、かつて戦って乗りこなせなかった、牧場主バック・ローン(ベン・ジョンソン)の持ち牛サンシャイン号だった。愛馬をトレーラーに乗せ故郷に帰った彼は早速、町はずれにあるエースの牧場を訪れた。しかし、牧場はブルドーザーに掘り返され、長年住んでいた家も無惨にもとりこわされようとしていた。

ボナー家の長男カーリーがエースからその土地を買い取り、宅地として開発しようとしていたのだ。一方、エースはその金で銀採掘を試みたが成果があがらず、オーストラリアでの黄金採掘によって一旗をあげようとしていた。町に着いたジュニアは出場の手続きをすませ、両親の住んでいる家を訪ねた。だが母エルビラには会うことができたが、エースは自動車事故にあい入院中だった。その夜、ジュニアは久しぶりに家族と夕食を共にした。7月4目。いよいよロデオ大会が開催される日がきた。エースは病院のベッドでじっとしていることができず、看護婦が止めるのもきかずパレードに飛びだした。ジュニアはパレードの中のエースを発見し、馬に相乗りしてパレードを共にしたが、やがて横道にそれ、さびれた古い駅のベンチに腰掛けた。エースはオーストラリアに行くための費用をねだったが、あいにくジュニアは無一文だった。やがてロデオ大会が始まった。父親と一緒に参加した乳しぼり競争が終わり、休憩になった。競技を見にきた町の人たちはパレス・バーへ流れ、エース一家もそこに集まった。やがてダンスとなり、ジュニアは少し前に知りあった美しい女シャーメイン(バーバラ・リー)と踊り、楽しいひとときを送ったが、彼女をめぐって始まった喧嘩は連鎖反応的に乱闘にまで発展した。ロデオ大会は予定通り午後3時半から再開された。競技種目は、当日の有終の美を飾る荒牛乗りで、ジュニアは目的のサンシャイン号に再挑戦して、8秒を上廻る新記録をだして賞金950ドルを得た。数時間後、飛行機で立つシャーメインを空港まで送っていったジュニアは、もう一度母親に別れを告げてその足で旅行代理店に立ち寄り、オーストラリア・シドニー行きの片道切符を買った。ジュニアは、エースと愛犬の2枚のその切符をパレス・バーにいる父親エースに届けてもらうように代理店に頼んでから、再び、ロデオの旅に出発した。(Movie Walker)

  • コメント: 0

関連記事

  1. The Reivers (1969) / 華麗なる週末

  2. The Towering Inferno (1974) / タワーリング・インフェルノ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。