The Reivers (1969) / 華麗なる週末

『華麗なる週末』(かれいなるしゅうまつ、原題:The Reivers)は、1969年に製作されたスティーブ・マックイーン主演のアメリカ映画。ウィリアム・フォークナーの小説「自動車泥棒」の映画化。

 ・ amazon : The Reivers (1969) / 華麗なる週末

The Reivers (1969) / 華麗なる週末のあらすじ

1905年、ミシシッピ州ジェファースン、11歳の少年ルーシアス(ミッチ・ボーゲル)の祖父(ウィル・ギア)が町で最初の自動車を購入。ボスの使用人であり、ルーシアスの年長の友であるブーン(スティーブ・マックイーン)がその車の世話を任された。
ある時、ルーシアスの母方の叔父が亡くなり、一家は葬式に参列するため家を明ける事になった。一行を駅へ送っての帰り、ブーンは急にテネシー州のメンフィスへドライブへ行こうと提案。ルーシアスはブーンに説得されやむなく同意し、黒人のネッド(ルパート・クロス)と共にメンフィスへと向かった。わずか4日間の旅の中で、ルーシアスは心優しい娼婦や黒人など、様々な人々と出会い、また人生の裏面をも知り、成長してゆく。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Junior Bonner (1972) / ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦

  2. The Towering Inferno (1974) / タワーリング・インフェルノ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。