The Cincinnati Kid (1965) / シンシナティ・キッド

『シンシナティ・キッド』(原題:The Cincinnati Kid)は、1965年制作のアメリカ合衆国の映画。リチャード・ジェサップ原作の小説の映画化。ノーマン・ジュイソン監督、スティーブ・マックイーン主演。

 ・ Youtube Movie : The Cincinnati Kid (1965) / シンシナティ・キッド

The Cincinnati Kid (1965) / シンシナティ・キッドのあらすじ

ニューオーリンズの町に、その世界で30年も君臨するポーカー・プレイヤーの大物“ザ・マン”ことランシー・ハワード(エドワード・G・ロビンソン)がやって来た。
自身もポーカーの名手であるシンシナティ・キッドことエリック・ストーナー(スティーブ・マックイーン)は、いつかランシーと手合わせをと考えていた。キッドは早速この社会の長老格シューターにその機会を頼むが、シューターはキッドの自信過剰をたしなめる。
かくしてキッドはランシーとの対戦に臨むが…。

  • コメント: 0

関連記事

  1. Le Mans (1971) / 栄光のル・マン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。