Papillon (1973) / パピヨン

『パピヨン』(Papillon)は、1973年制作のアメリカ合衆国の映画である。フランクリン・J・シャフナー監督。胸に蝶の刺青をしていることで“パピヨン”と呼ばれた男が、1931年に無実を叫びながら終身刑となったものの、脱獄に成功し、後にベネズエラ市民権を取得したというアンリ・シャリエールの伝記小説を映画化したもの。当時の公開コピーによると、小説は世界1,000万部のベストセラーを記録。

・ amazon : Papillon (1973) / パピヨン

Papillon (1973) / パピヨンのあらすじ

ケチな金庫破りで捕まった男。その男は胸に蝶の刺青を入れていることから「パピヨン(蝶)」とあだ名されていた。 パピヨン(スティーブ・マックイーン)は仲間の裏切りに遭い、幾つもの罪を着せられた末に終身刑の判決を受けてしまう。 この刑を受けた人間は、祖国フランスを追放される上に南米ギアナのデビルズ島で過酷な強制労働が科せられるのだった。 パピヨンは脱獄を決意。しかし、それには看守を買収した上、ボートや食料を入手するための多額の資金が必要だった。 そこでパピヨンは同じ服役囚のドガ(ダスティン・ホフマン)という男に目を付ける。 ドガは国債偽造で逮捕された男で、今もその腕が噂される偽札作りの天才だった。 当初パピヨンはドガと取引することで逃亡費用を稼ごうとするが、やがて二人は奇妙な絆で結ばれてゆく・・・。

関連記事

  1. The Great St. Louis Bank Robbery (1959) / セントルイス銀行強盗

  2. The Getaway (1972) / ゲッタウェイ

  3. The Thomas Crown Affair (1963) / 華麗なる賭け

  4. Bullitt (1968) / ブリット

  5. The Hunter (1980) / ハンター

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。