セントルイス銀行強盗 (1959) : The Great St. Louis Bank Robbery

実話に基づく話で、ドキュメンタリータッチな演出の犯罪アクション映画。犯罪者の心の動きを描いたスティーヴ・マックィーン出演の日本未公開作品。

TSUTAYA DISCUS : セントルイス銀行強盗 (1959)

The Great St. Louis Bank Robbery (1959) / セントルイス銀行強盗のあらすじ

小さな町にある4つの銀行をターゲットに着々と計画を進めている強盗団がいた。彼らの緻密な計画は完璧でしかも何度も模擬実習を行っていた・・・。大学でフットボール選手だった若者(スティーヴ・マックィーン)が、退学になった大学に戻る資金を得るために、恋人の兄に誘われてその銀行強盗の仲間に加わった。リーダーの男は同性愛者で、若者に目をつけるが、リーダーと恋仲の男が若者に嫉妬し、若者が恋人と逢っているところを目撃し、リーダーに告げ口をする。恋人は若者の銀行強盗を止めさせようとしてリーダーに殺されてしまう。そして、運転だけという話で参加した若者は次第に犯罪に手を染めてゆくのだった・・・。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 華麗なる賭け (1968) : The Thomas Crown Affair

  2. パピヨン (1973) : Papillon

  3. ブリット (1968) : Bullitt

  4. ハンター (1980) : The Hunter

  5. ゲッタウェイ (1972) : The Getaway

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。