The Thomas Crown Affair (1963) / 華麗なる賭け

『華麗なる賭け』(かれいなるかけ、The Thomas Crown Affair)は、スティーブ・マックイーン主演によるアメリカのサスペンス映画。
日本での公開は1968年。その年、アカデミー主題歌賞を受賞(「風のささやき」、唄: ノエル・ハリソン)。
1999年には、ピアース・ブロスナン主演で同名(邦題は『トーマス・クラウン・アフェアー』)のリメイク版も制作されている。

The Thomas Crown Affair (1963) / 華麗なる賭けのあらすじ

大富豪トーマス・クラウン(スティーブ・マックイーン)は、実業家として忙しく働く一方、泥棒に関しては、異常な才能と情熱を持っている。
ある日、クラウンは5人の部下を従え、ボストンの銀行を襲撃、260万ドルの現金をやすやすと手にした。ボストン市警察のマローン警部補(ポール・バーク)は、保険調査員のビッキー(フェイ・ダナウェイ)に調査を依頼、ビッキーは、クラウンを黒幕と見抜き、彼に接近していく。

関連記事

  1. Bullitt (1968) / ブリット

  2. The Great St. Louis Bank Robbery (1959) / セントルイス銀行強盗

  3. The Getaway (1972) / ゲッタウェイ

  4. The Hunter (1980) / ハンター

  5. Papillon (1973) / パピヨン

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。