An Enemy of the People (1978) / 民衆の敵

『民衆の敵』(みんしゅうのてき、An Enemy of the People)は、1978年公開のアメリカ合衆国の映画。ヘンリック・イプセンの同名戯曲をアーサー・ミラーが翻案したものを原作とし、ジョージ・シェーファーが監督した。スティーブ・マックイーンが主人公のトマス・ストックマンを演じ、兄のピーターをチャールズ・ダーニング、妻のキャサリンをビビ・アンデショーンが演じた。

 ・ amazon : An Enemy of the People (1978) / 民衆の敵

An Enemy of the People (1978) / 民衆の敵 のあらすじ

トマス・ストックマン(スティーブ・マックイーン)は、ノルウェーの名も知られぬ小さな町の医師である。町の近くに温泉が湧き、療養を目的とした観光の増加が期待されていたが、ストックマンは町の皮革業から出る排水で温泉が汚染されていることを発見した。彼は地元紙の「メッセンジャー」にその事実を告発したが、同紙はトマスの兄で町長のピーターによって圧力を掛けられた。ピーターはトマスが黙っているなら、温泉による収入で彼の望みを叶えることができると提案したが、トマスは妥協しなかった。
トマスはこの事実を広めるため、集会を開催するが、ピーターと新聞の記者は彼を罵って嘲り、トマスは事件の内容を伝えることができなかった。トマスの一家はそれまで町民から尊敬されていたが、娘は学校から放校され、自宅の窓には石が投げつけられた。一家は依然としてトマスに忠実で、アメリカへの移住にも反対した。代わりに彼らは町に留まり、時が経ってトマスの発見が証明されるのを待つこととする。彼らが自身の決定を祝っているその時、新たな石のつぶてが窓から投げ込まれたのだった。

関連記事

  1. The Magnificent Seven (1960) / 荒野の七人

  2. Tom Horn (1980) / トム・ホーン

  3. Wanted: Dead or Alive (1958-1960) / 拳銃無宿

  4. Nevada Smith (1966) / ネバダ・スミス

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。